色のある制作が恋しい・・・NB-032タージマハルデラックスエディション@DAY5

スポンサードリンク




 こんにちは!TB(@tbwakuwacreator)です。

 前回(DAY4)では、タージマハルDX制作のステップ18までの様子をお伝えしました!今回DAY5は、続きであるステップ19~22をお伝えしますね!

 制作本体に高さが出てきて、見栄えが良くなったのはモチベーションが高まるし、いいことなんですがここまで【白いブロック】ばかり触っていると色味が恋しくなってきます。・・・それがタージマハルの美しさではあるんだけどw

 御託はここまで!

タージマハルをつくる!DAY5(ステップ23・24・25・26)

スポンサードサーチ

幅広ブロックは手がかからなくていいね!・・・ステップ19

説明図ステップ19

 幅広ブロックをたくさん扱うこのステップ、本体がガッチリしそうです!扱うブロック数は44個。少なめです。

 つまり息抜きステップですw

 シュバババッ!っと終わらせてしまいましょう!

ステップ19完成 ここまで、白ばっかりだと進捗が把握できない!

 はい、終わりました~。

 大きめのブロックが多いときは楽でいいですねぇ・・・

一転!細かい作業!・・・ステップ20

ステップ20の説明図 細かい!

 扱うブロック数が76個というのが細かさを表してるね。

 とはいえ、そんなに難しいステップではないんだけど、白ブロックとクリアブロックの取り付け間違いには気をつけます。パッと見、わかる?どこが白でどこがクリアなのか・・・プンプンのプン!

  もし僕がメチャクチャに短気な人間だったなら説明図をクシャクシャのポイ!していることでしょう。

 とりあえず、工藤遥にならクシャクシャされてみたいものですが

 何かに獲り憑かれていたようです。

ふつくしいだろ? 「う」が「ふ」になるくらい美しいだろ!?
アーチの中のクリアパーツがイイよね!

 ジョークも冴えない。

ステップ20が完成しました。 最早何を作っているのか分からない境地。

 まぁ、そんなこんなありましたが、ステップ20が完成しました!

スポンサードサーチ

3ポッチ以内のブロックしか使いません!・・・ステップ21

ステップ20の説明図 こまい!

 扱うブロックは64個。ちょうどいい感じにデラックスエディション制作が楽しめるようなステップです。

あえて手前にピントを合わせないスタイル

 先ほどのステップで説明図で白ブロックとクリアブロックが判断しづらい的なことを伝えましたが、このステップでは下段のクリアブロックに合わせた位置にクリアブロックを重ねればいいので迷いません。

 小気味よく制作が進むので、楽しいステップでした!

 つまり、迷って「ん~?」なんてうめかなくても、無言で淡々と進められるステップということです。それが楽しいってんだから、不思議な魅力。

ステップ21が完成
浮き出る立体感・・・!!

省エネステップ?・・・ステップ22

ステップ22の説明図
部品少なめ

 ご覧の通りですが、ちょっと寂しいステップですw扱うブロック数は48個と少なめ。これは次のステップの波乱の予感がします。

 今までの形に添って積み上げるだけなのでシュバフィーン!っと終わらせましょう。

 5分もあれば終わるステップかと思います!

ステップ22完成
清い
下層と上層で1:1くらいまできたかな?

 高さが出てきて、真っ白で清いです。キヨキヨしいです。

 したらば、今日はここまで!

YouTubeで制作の様子を公開しています・・・ぜひ!

 何か大切なことを語っているわけではないから、タイムラプスが好きな人はどうぞ!

ナノブロックアンバサダーのご案内

 ナノブロックファンの方に、ナノブロックの魅力を積極的に発信いただくためのプログラムです。 『ナノブロック アンバサダープログラム』にご登録いただいた方には、ナノブロックに関する情報をいち早くお届けするだけでなく、限定のイベントやモニター等の特別な機会をご提供させていただきます。

アンバサダープログラムとは?

 TwitterやInstagramならハッシュタグ【#ナノブロックアンバサダー】をつけて投稿するだけでポイントが貯まります。登録はコチラから(^_^)

スポンサードリンク